事故車でも買取可能

重機

走行距離は気にしない

工事現場や建設現場では、色々な種類の工事用車両が使用されています。但し工事で使用するため消耗が激しく、定期的に更新する必要があります。特に中古ダンプを売却して、新車のダンプに更新する会社は多いです。中古ダンプの買取価格の相場は、重量や走行距離によって異なります。2tクラスの軽ダンプの場合、約100〜150万円がおよその相場です。更に重量の大きい10t車になると、400万円前後が相場になります。このため走行距離が長かったり、不良箇所があるからと諦めて廃車にする前に、まずは中古ダンプの買取業者に査定をしてもらいましょう。大抵の買取業者は無料で見積もりをしてくれます。1社だけでなく、複数の業者に査定をしてもらい買取価格を比較して売却先を決めて下さい。この時査定してもらう業者の選定が大切になります。通常の中古車販売会社は、中古ダンプの販売ルートを持っていないところもありますので、工事車両専門の買取業者に依頼しましょう。中古ダンプの買取業者は販売ルートを複数確保しているので、たとえ事故車でも買取してくれる場合もあります。普通ならば廃車費用を支払うべきところが必要ないばかりか、買い取ってくれるので非常にコスト削減に繋がります。また走行距離も普通車よりかなり長く走ることができますので、例えば30万km走っていても買い取ってくれます。中古ダンプは大切に運転すれば100万km以上走ることも可能なので、まずは査定することが大切です。

Copyright© 2017 中古バスを購入したいなら|優良車両を見極めポイントをcheck All Rights Reserved.