大幅なコストダウンを実現

男性

中古車両の魅力とは

建設現場や工事現場において使用されるダンプカーですが、中古ダンプが圧倒的に大きな人気を得ています。理由としては、中古ダンプの品質の高さや、新車を導入する場合と比較したときにコストがかからないという点が挙げられます。 国内で生産されたダンプは、厳しい安全基準をクリアしたものなので、その性能、安全性は中古ダンプであっても保証されているのです。また、ダンプには軽自動車から10t越のものまでサイズに幅がありますが、ベースとなるトラックのシャシーに荷台部分を架装するという構造は共通しています。なのでメンテナンスにかかる手間や費用も程度が良ければ新車と大きく変わらない事が多いのです。また、国内では製造から10年経過した大型車両に対して利用制限がありますので、中古ダンプとして流通しているものは基本的に10年経過していない個体です。この点でも中古ダンプは品質が保証されていると言えます。ちなみに、10年以上経ってしまった車両は海外に輸出され、高品質なダンプとして人気のようです。 新車でダンプを購入した場合、サイズにもよりますが仮に10tの車両を購入した場合、車両本体と荷台部分の価格を合わせて最低でも1000万円の購入費用がかかります。それに対して中古ダンプを購入する場合、10tの車両だと500〜700万円が相場のようです。新車の半額から購入できるのは大きなポイントですね。 新車を購入するのと比べ、大幅にコストダウンできる点が中古ダンプが建設、工事現場において人気のある理由のようです。

Copyright© 2017 中古バスを購入したいなら|優良車両を見極めポイントをcheck All Rights Reserved.